便利になっている振袖レンタル

斬新で可愛いデザインの今風の振袖もかなり素敵ですが、思いが多く詰められている親から貰ったものをモダン風に改良してみるやり方もあるのです。呉服屋さんなどに持ち込めば思いもよらない素敵な振袖に作りあげてくれるので、パソコンなどを活用して一度調べてみるのを推奨します。
自分の振り袖にどのような草履を合わせるかでかなり印象が変わりますが、なんであれ草履選びのポイントは履き心地になります。どんなにきれいでも履きにくいと非常につらくなってきます。歩きにくいと歩き姿や顔の表情にも出てくるので、履きやすさを優先して考えてください。
顔のライン、身長の高低、肌の明るさ、髪の毛の明るさ、年齢、着る場所などさまざまな事情を頭に入れながら選ばなければ駄目な振り袖です。可能な限り専門家の意見を聞いて検討した方が無難です。専門のお店に出向いて試すやり方が結局は一番手間が少ないです。

流行に左右されない柄ということで、古典柄の振袖は長期間利用できるのがメリットと言えるでしょう。それに対してモダン柄の振袖は大分華やかなインパクトを出すことが可能となりますが、どうしてもその時代の特色のあるムードが出ることになるので、長い間使用するのを考えればスタンダードなものを選択した方がいいかと思われます。
一般的には振り袖にバッグを持ってくる女性が多いのですが、近年では振り袖に巾着を合わせても問題の無い雰囲気になってきたと言えます。巾着は浴衣に合わせる小道具ですが、振り袖にも合います。しかし、成人式や卒業式、結婚式などフォーマルさが要求される場所では、巾着よりも和装用のバッグが無難です。
振り袖用にさまざまな小物が用意されています。巾着などが一番分かりやすい例になりますが、その手の小物を使って独自のおしゃれを楽しんでしまう女性も多く居ます。レンタルの場合は、振り袖とセットでバッグなどを無料サービスしてくれるケースもあります。特に展示会ではその手のサービスが多くあります。上手く活用しましょう。

普段着用しているいろいろな肌着は、どれも振り袖を着用するときには脱がないといけません。具体的にはブラは駄目ですし、キャミソールやタンクトップもNGです。パンティーはいいのですが、その他の下着は基本的に全く付けずに肌襦袢だけ身に付けます。胸が発達した女性であれば、さらしや和装用の下着でバストを潰さなければいけません。
前もって自分自身がどのような振り袖を着たいのか、振り袖のカタログ写真集を手に入れて大まかにチェックしてみるといいと思います。そのうち自分自身のお気に入りの振り袖が分かってきます。その段階で実際に専門店に足を運んで似たような雰囲気の振り袖を試着してみるといいです。プロの方の意見や考えも参考になります。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*