当然振袖も和服の1つですが、振袖を高齢の人が着ることがないと言う点が一番の違いです。まず若い女性にしか振袖はしっくりこない着物で、未婚の方でもお年寄りが振袖を身に付けると相当恥ずかしいようになると思います。このように年齢を気にしなければいけないというのが振袖ではないかと思います。
しっかりとした振り袖は普通生地がシルクで作られています。レンタルであっても買取であっても絹の振り袖は非常に高額です。値段を落としたいなら化繊、ポリエステルの振り袖を選ぶと、レンタルであっても買取の場合もそうとう価格を落とせます。最近のポリエステル素材はよくできているので廉価には見えないので大丈夫です。
ヘアスタイルまで考慮すると、振り袖の着付けは1人だけでは無理に近いです。なじみのサロンが着付けを代行してくれるので、料金は必要になりますが、思い切ってお願いをする方がいいかもしれません。自分でマスターしたい場合は、着付の教室に通学して年単位の期間をかねながらマスターしましょう。

今の時代はいろいろなタイプがリリースされている振り袖です。花柄やハート模様など可愛らしいデザインから、中にはヒョウ柄など飛び抜けたスタイルの振り袖までリリースされています。伝統を重視しつつ、現代はどんどん振り袖の表現の限界が拡大されているのです。
結婚式の正装として振袖は大勢の女性に活用されています。近頃は着物ブームがきていて中でも着る女性が増えてきていますが、いくつまで振袖を身に付けていいものかをたくさんの方達が分からないでいるようです。もちろん正式な決まり事はありませんが、近頃では結婚の年齢も上がってきているので、30代以上でも大丈夫とされています。
時代劇を見ている人の中には花魁役の女性が振袖を衣装で着ているのを見たことがある人も多いと想像できますが、近頃では花魁みたいな着付けを成人式で行う若者が増えています。基本的に言えば古来の着こなしになりますが、現在花魁風に着ると何か今風の着方のように見られるのは不思議なことです。

岩波書店が出版する『広辞苑』を調べると、振り袖とは以下のように解説があります。近世の時代、小袖の袖自体を長めに取ったものをいい、大人になる前の男女共に用いたと記述があります。今は未婚の女性の礼装用とも書いてあります。要するに袖が長く取られた和装を意味します。若い女性が着て歩くと、振り袖の袖自体が強調される形になっています。
現在でも恋愛の用語で振る、誰かに振られるという用語があると思います。そのような言葉は振り袖からきています。元来祭の衣装だった振り袖です。舞踊などの中で、愛情を表現する目的で袖を振りました。その動作が後世になると、恋愛時の振る、振られるに発展したのです。