流行り廃りのない振袖

一回振り袖を着用したら、脱いですぐに折り畳んで収納するのではなく、一晩ほど日陰で干してからきれいに畳んでケースに収納してください。そうしないと、長い間収納する振り袖です。しまったままの状況で湿気などが発生してしまうので、すごく重要なポイントです。飲食の染みや泥汚れが目立つならば、クリーニングに畳む前に出しましょう。
成人式には振袖を注文する人達がたくさんいるのですが、今では振袖を借りる場合でも、好みのものの中より選択して、自分のサイズに合わせて直してくれるところが存在しているのです。当然買うよりも大分安価で、近頃では格安価格でレンタルしているお店も多くなっているので、どうぞ使ってみてはどうでしょうか?
着用しても構いませんが、高齢の人に対しては振袖はまずしっくりこないと言ってしまってもいいのです。稀に中高年でも似合っている方もいるのですが、そのような人の場合でも色合いを選ぶようにして、なるべくシックな色のものを着ることを推奨します。当然のことながら振袖は若い人の方が似合うのです。

成人式や結婚式で振り袖を着たら、専門のクリーニングに出すといいです。その際は、和服専門のクリーニングショップにするか、もしくは振り袖を買った呉服屋にクリーニングをお願いすると安心です。呉服屋のクリーニングは高く付きますが、安心面では間違いがないのでお勧めです。
古来から伝わる総絞りの振袖を好む人も結構多いと思います。近頃では派手な今風の振袖が様々なメーカーから販売されているのですが、相変わらずどの世代の女性からも人気があるのが総絞りの振袖で、永遠と利用することが可能であるとされているのです。
最近では洋装のアイテムを上手く取り入れた振り袖の着こなしが注目されています。振り袖にレザーの手袋をはめてみたり、振り袖に小ぶりなシルクハットをかぶせたりなど、さまざまな道具が採用されています。レンタルならば思い切りトレンドを身に付けて楽しんでしまってもいいかもしれません。

一度着たら汚れなどを防ぐためにも、専門店で洗濯することをおすすめします。長期間使用しない時には、1年の間で1~2回は空気が乾いている時期を狙って空気を通してあげるようにして、そうすることができない時でも、タンスを空けるようにしてあげるだけで効果はあるので、長期間利用するためにも、メンテナンスは忘れないようにしましょう。
1回で構いません。振り袖をオーダーで頼んでみるとおしゃれです。あなたの望み通りの振り袖を仕立ててもらえるばかりではないです。真っ白い絹にちょっとずつ染色がなされていくプロセスが見て取れます。防染糊で線を描くプロセスや、特殊な染料で色を施す工程など、あれこれと完成にいたるまでの工程が目で楽しめるのです。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*